冬になると出てくるインフルエンザや風邪を予防できそうな空間除菌グッズはどうなのか?

クレベリン ゲル 150g
クレベリンゲル 150g ★★★★☆
281件のカスタマーレビュー

ここ数年、冬になると薬局などの入り口に山積みにされている空間の除菌グッズがありますね。結構いい値段(1,000円くらい)なので効くかどうかハッキリするまで使うのを見送っているのですが、年々種類が増えてきて、ドラッグストアの店員さんが全員首から下げるようになってしまいました。

さすがに棒きれみたいなもので除菌で来てるとは思えないんですが、あれって効くんでしょうか?野球選手が付けてるチタンネックレスみたいなもんなんでしょうか?気になってムラムラしてきた。

ダメだった 😭

17社が、自社ウェブサイト等において行った空間除菌グッズの表示について、景品表示法に違反する行為(表示を裏付ける合理的根拠が示されず、同法第1項第1号(優良誤認)に該当(17社)及び同項第2号(有利誤認)に該当(1社))が認められました。
消費者庁: (PDF)二酸化塩素を利用した空間除菌を標ぼうするグッズ販売業者17社に対する景品表示法に基づく措置命令について(2015/3/27)

「内容に伴ってないやりすぎ広告をしてたのでやめーや」と消費者庁からお叱りを受けてました。上のリンクはPDFで62ページもあります。17社が出してた除菌グッズを見てみると、店で見たものもいくつかありました。

商品の広告がいかにも誇大っぽかったので買わなかったんですが、小さい子供がいると「すこしでも風邪が予防できるなら!」「ダメ元で1個くらいは試してみようか!?」というかんじで実際心は揺れてました((((((( ;゚Д゚))))))) 子供って免疫力ないから、小学校とか保育園とか学童保育ですぐ風邪もらってくるんですよねー。

パッケージのうたい文句

  • 身に付けるだけで1立方メートル以内の空間を浄化!
  • 空間除菌!
  • ウイルス除去!
  • 悪臭解消!消臭!
  • 防カビ!
  • 花粉対策!

パッケージの写真でモデルさんのまわりに丸いバリアが張られてていろいろ跳ね返してますね。花粉まで対応してるとは知らなかったです。万能すぎる。万能すぎて「悪霊退散!」がついてても信じてしまいそうです(ファブリーズで除霊する人はいるらしい)。

仕組みがよくわからないので花粉はさすがにないわーと思ってましたが、店頭に除菌用のアルコールがよく置いてあるので、あんな感じでアルコール的な何かがすこしずつ揮発していて、口や鼻から入る前にウイルス退治してるのかな?というイメージではいました。危なかったですね。

先陣を切ってたのは大幸薬品のクレベリンっぽかった

ラッパのマークの正露丸で有名な大幸薬品ですが、ここがクレベリンという商品を出していて、他の薬品会社が真似してチキンレースを開催してたように見えます。ここ5年くらいのものなのかなと思っていたら、クレベリンって実は2005年にはもう販売していたみたいで、今から10年も前に売ってたんですね。かなり意外でした。

クレベリンの主成分は「二酸化塩素」というもので、いわゆる塩素の仲間で、漂白や除菌に使われるそうです。身近な塩素として次亜塩素酸ナトリウムがあり、風呂やプールの殺菌消毒、衣類の漂白などで使われていますが、あれに似たような性質があるそうです。

Wikipediaで二酸化塩素の項目を見てみると「鳥インフルエンザ対策の空間消毒薬として二酸化塩素ガスが注目され」とあります。防毒マスクをした人が撒いていたのがそうなんですかね?

2010年にも国民生活センターに「これちょっと微妙やん…?」と取り上げられていた

二酸化塩素による除菌をうたった商品-部屋等で使う据置タイプについて-(発表情報)_国民生活センター

要約すると

  • インフル対策とかで空間除菌の商品が出てきて、2005年〜2010年までに「あれってどうなの?」というような問い合わせがあった(20件)
  • 国民生活センター調べた
  • 二酸化塩素の放散が少なくて微妙
  • 二酸化塩素の放散が多すぎてくさい(塩素なのでツンとした臭いがある)
  • 食べ物にも使われていて安全みたいに書いてあるけど誤認するやん?
  • インフル予防ってかくと薬事法に引っかかるやん?
  • 結論:除菌効果が不明、どっちかというと塩素系ガスの扱いに注意、添加物って書いてあるけど量によるやろ!

でした。塩素系ガスの扱いについては「乳幼児が心配」「金属製品、電気製品の近くにおくと腐食の原因になるかも?」という意味での注意でした。

この時は大幸薬品のクレベリンと阪本漢法製薬という会社のウィクリアが検証に使われ、同2社が反論→生活センター「ちゃんと見なおしてね」→反省して文章直しました(大幸薬品)、話せば分かる説明させてくれ(阪本漢法製薬)、というところで終わっています。

二酸化塩素のロビー活動

なお、二酸化塩素がウイルス等を死滅させる事実があっても、日本においてウイルス感染を予防できる旨を商品の効果・効能として表示するには厚生労働大臣による医薬品としての製造販売承認が必要[15]である。現状としては医薬品として販売されている製品はなく、雑貨として販売されているにもかかわらず不適表示・広告している製品がみられる[6]。
二酸化塩素 – Wikipedia

現状としては医薬品として販売されている製品はなく、雑貨として販売されているにもかかわらず不適表示・広告している製品がみられるとあり、当時の消費者も疑問に思ったので国民生活センターに聞いた結果が上のような感じだったようです。

で、医薬品にしたいので「一般社団法人 日本二酸化塩素工業会」という団体が作られます。「二酸化塩素」でググると上の方に出るので会員リストも見てみましたが、当たり前のように大幸薬品が一番上にありました。他の企業は知らないところばかりですが、名前を見る限り製薬、化学系の企業みたいですね。

で、ロビー活動をしていたと思うんですが、ここの加盟企業、非加盟企業が優良誤認、有利誤認表示を起こす商品を販売して、一番上にあるように消費者庁から景品表示法違反による措置命令が今年の3月に出た、という流れみたいです。

陸自でインフル予防のテストをして「効果あるかも?」という論文が出ていた

国民生活センターのページについていたブコメにこうありました。

id:kagakaoru 陸上自衛隊員を対象に二酸化塩素放出薬のインフルエンザ様疾患に対する予防効果を検討した結果、有意差有りってなってるけどどうなんだろ http://ci.nii.ac.jp/naid/10027820807

リンク先はCiNiiで、そこからJ-STAGEに飛ぶと当該論文が読めます。収録されている本は「日本環境感染学会誌 Vol. 25 (2010) No.5 P 277-280」だそうです。
抄訳を引用するとこんな感じでした。

陸上自衛隊員を対象に二酸化塩素放出薬のインフルエンザ様疾患に対する予防効果を検討した.低濃度の二酸化塩素放出薬介入群と非介入群を設定し,介入した期間のインフルエンザ様症状の有無やワクチン接種の有無などについて検討した.その結果,二酸化塩素放出薬の介入でインフルエンザ様疾患の患者数の有意な減少を認め,二酸化塩素放出薬がインフルエンザ様疾患の発生を減じる可能性が示唆された.
二酸化塩素放出薬のインフルエンザ様疾患に対する予防効果(PDF)

この時は据え置き型をつかったようです。6畳に1つの割合で置いたとあるので結構ビッシリ使ったんですね。考察の所をみると

おそらく空気中のウイルスを含んだ飛沫や呼吸器粘膜表面の水分に二酸化塩素が溶け込むことによって、吸入するウイルスを失活させるのではないかと推測される
(中略)
今回の検討は、人間に対して二酸化塩素ガスの曝露によりインフルエンザ様疾患の予防効果を検証した初めての試みであり、二酸化塩素放出薬がインフルエンザ様疾患の発生を減じる可能性が示唆されたが、今後の追加検証が待たれるところである。
二酸化塩素放出薬のインフルエンザ様疾患に対する予防効果(PDF)

とありました。

同学会誌内で「二酸化塩素」を検索すると、上記論文以外に2つみつかりました。検索結果
どちらも殺菌効果について書いてあるみたいですね。

殺菌効果はあるけど、実際の効果や人体への影響はまだ不明のようで

塩素なので殺菌効果はあるけど、人体にも刺激があって危ないのでもっと研究してから商品化してね、という感じでしょうか。安全性が確認されてから買おうかなと思います。だいぶ先かなー。

ちなみに二酸化塩素でなく次亜塩素酸ナトリウムを使った空間除菌グッズも出ていたようで、首から下げる→汗で濡れる→化学やけどを起こす、という事が起こっていたようで、その時も消費者庁から使用中止が呼びかけられていました。

<事例1>首にかけて横向きに寝ていたため、布団と顔の間に挟まるような形になり、やけどを負った。(平成 25 年2月発生 女性6歳)
<事例3>両側手掌部にかゆみを伴う発赤を認め、当院に来院。当該製品を手に持って遊んでいたことが原因と推測される。(平成 25 年2月発生 男性 1 歳未満)
次亜塩素酸ナトリウムを含むとの表示がある「ウイルスプロテクター」について(使用中止及び自主回収のお知らせ)

あぶねーよ!そんな劇物入ってるって思ってないからあぶねー。リンク先のPDFにやけどの写真も出てくるけど痛々しいです。

小さい子供はすぐ風邪をもらってくる…って上の方にも書いたけど、よく考えたらノロウイルス対策もあるんですよね。ノロめっちゃ怖いんで、1000円で防げるならって子供にぶら下げてやけどしてたらちょっとアレです。しかも効果がないかも?薄いかも?どうかも?って状態でノロやインフルにかかっちゃったらもう見てられない。親も検証しようがないから「薬剤切れちゃったのかなー」と思って再購入しそうだし。

調べてたら思ってたより微妙な感じになってきたのでこれくらいにして寝ます。ラッパのマークのCM好きだったのにな…。

まとめ

  • 空間除菌グッズは効果がなさそう
  • 首下げタイプはちょっと危ない
  • 風邪の予防には昔ながらの手洗いうがいが無難で良い

という感じでした。

雑貨屋さんなどでは「消臭と一緒に空気を除菌する」というお香があります。そちらについても調べてみました。

オシャレ雑貨屋で買える紙のお香 パピエダルメニイはバニラの香り
お香は香料を練って棒状にしたものしか知らなかったんですが、コジャレた雑貨屋には紙のお香もあります。 パピエダルメニイという名刺サイズの...

また、ノロウイルスについても調べてみました。

幼児のいる家庭がノロウイルス対策に常備する物(主に消毒剤)
ノロウイルス怖いですね。症状は意外とすぐにおさまりますが、感染するとめちゃくちゃ辛いです。一般的には下痢、嘔吐、腹痛が2日程度続き、発熱...
ノロウイルスも殺菌できる次亜塩素酸ナトリウム(ハイターの主成分)とゴマの関係
キッチンハイター 特大 今回もクレベリン絡みで。一般家庭で使われているハイターなどの漂白・除菌剤は次亜塩素酸ナトリウムというアルカリ性の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする